Raspoops のセットアップ手順 anchor.png Edit

Page Top

初期セットアップからシステムアップグレード anchor.png Edit

  1. Raspbian のダウンロード
  2. microSD カードに焼き焼き
    • RPi Easy SD Card Setup - eLinux.org を参考に Linux 機で焼いたので
      dd bs=4M if=2015-02-16-wheezy-raspbian.img of=/dev/sdc
      of の引数は df などで何度も確認し、絶対に間違えないように!
  3. LANケーブルつなぎ、microSD をセットしいざ起動!
  4. IP アドレスを確認し、SSH 経由でログイン user:pi pass:raspbarry
  5. 6dae1b01.png "sudoraspi-config" でセットアップ
    1. ディスクパーティションの拡張
    2. ロケール設定 ja_JP.utf8 をデフォルトに
    3. タイムゾーンの設定 Asia/Tokyo
  6. vim をインストール
    sudo apt-get install vim
  7. システムのアップグレード、安定版の wheezy からテスト版の jessie へ (PHP 5.6系を使いたいので*1)
    sudo vim /etc/apt/sources.list

    wheezy を jessie へ書き換え

    sudo apt-get update
    sudo apt-get dist-upgrade
    sudo apt-get autoremove
Page Top

Web サーバー構築 anchor.png Edit

  1. Nginx
    sudo apt-get install nginx
    sudo mkdir /var/www
    sudo chown www-data /var/www
    sudo chgrp www-data /var/www
    sudo -u www-data mkdir /var/www/html
    
    vim /etc/nginx/sites-available/default
    root = /var/www/html
    server_name pi.hypweb.net;
    
    sudo service nginx restart
  2. PHP
    sudo apt-get install php5-cli php5-curl php5-fpm php5-gd php5-json php5-mcrypt php5-oauth php5-sqlite
    
    vim /etc/nginx/sites-available/default
    location ~ \.php(/|$) {
        fastcgi_split_path_info ^(.+\.php)(/.+)$;
        if (!-f $document_root$fastcgi_script_name) {
                return 404;
        }
        # NOTE: You should have "cgi.fix_pathinfo = 0;" in php.ini
    
        # With php5-fpm:
        fastcgi_pass unix:/var/run/php5-fpm.sock;
        fastcgi_index index.php;
        include fastcgi_params;
        fastcgi_param SCRIPT_FILENAME $document_root$fastcgi_script_name;
        fastcgi_param PATH_INFO $fastcgi_path_info;
    
        # set timeout
        fastcgi_read_timeout 300;
    }
    
    sudo service nginx restart
  3. MySQL
    sudo apt-get install mysql-server mysql-client php5-mysql phpmyadmin
    
    sudo ln -s /usr/share/phpmyadmin /var/www/phpmyadmin
  4. Postfix
    sudo apt-get install postfix

    PHP からのメール送信でのみ使用するので、インストール時に表示される画面でサテライトシステムを選び、送信に利用する SMTP サーバーを設定

Page Top

XOOPS X (ten) インストール anchor.png Edit

  1. 予め、XOOPS 用のユーザー・データベースを phpMyAdmin で作成しておく
  2. XOOPS X のルートを /var/www/html/xoopsx xoops_trust_path を /var/www/trust とします。
    sudo -u www-data mkdir /var/www/html/xoopsx
    cd /var/www/html/xoopsx
    sudo -u www-data sh -c 'T="../../trust";curl xoopsx.github.io/installer/install.sh|sed "s#<T>#$T#"|sh'
    • 画面表示
        % Total    % Received % Xferd  Average Speed   Time    Time     Time  Current
                                       Dload  Upload   Total   Spent    Left  Speed
      100  1190  100  1190    0     0   3091      0 --:--:-- --:--:-- --:--:--  3090
        % Total    % Received % Xferd  Average Speed   Time    Time     Time  Current
                                       Dload  Upload   Total   Spent    Left  Speed
      100   128    0   128    0     0    168      0 --:--:-- --:--:-- --:--:--   168
      100 11.3M    0 11.3M    0     0  1740k      0 --:--:--  0:00:06 --:--:-- 2494k
      cp: ディレクトリ `XoopsX-legacy-2bed870/xoops_trust_path/.' を省略しています
      cp: ディレクトリ `XoopsX-legacy-2bed870/xoops_trust_path/..' を省略しています
      cp: ディレクトリ `XoopsX-legacy-2bed870/html/.' を省略しています
      cp: ディレクトリ `XoopsX-legacy-2bed870/html/..' を省略しています
      ----------------------------------------
      All the processings were completed. Please acsess to your XOOPS site.
      
  3. ブラウザでアクセスすると XOOPS のインストーラが表示される。

お疲れ様でした。


*1 PHP 5.4 系でいいのなら、wheezy のままで問題ない。

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom
Counter: 731, today: 2, yesterday: 0
最終更新: 2015-04-12 (日) 23:43:53 (JST) (1436d) by web-master